2007年10月06日

リーダーシップ2(その後)

以前の記事に書いたプロジェクトが先日終了した。組織の外からの委託を受けてのプロジェクトだったため、きちんと総括会議を開いて今までの反省や今後の課題もフィードバックをし、プロジェクトの終了というか完了を宣言して、終了という段取りをとった。

総括会議では、こちら側の担当者からオーナーサイドの体制に対し、かなり辛辣な意見が出ていたのだが、「まあ、今後は考えます」ということだったので、「これにてプロジェクトは全て終了としますが、よろしいですね?」と確認した上で会議を終わりにした。

するとわずか二日後に、オーナーサイドの担当者からこちらの担当者に、「xxの機能がないが、あれはどうなっているのか?」との問い合わせがあったとのこと。こちらの担当者は「全ての機能について、過不足がないかどうかの承認を得た上で、先日プロジェクトの終了を宣言した。従ってこれからは追加仕様となるので、正式にオーダーをもらえないと動けない。」と原則論を突きつけた。全くこの原則論は正しいと思う。

実は総括会議には、オーナーサイドの最高責任者たる人物が出席していなかったのである。「他に用事ができた」との理由で。この会議はその人物の為に開かれた、といっても過言ではないのにである。

このプロジェクトは最初から最後までリーダーシップ不在であったのだ。だから、こんなだらしのないことになるのである。今後のこともあるし、ここは原則論で突っ張りとおすことに決めている。
posted by 継之助 at 06:52| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ばいやーの怒り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

購買ネットワーク会へのお誘い


Googleで「購買」なんて言葉を検索して見て、このブログにたどり着いたあなた!

あなたは購買という仕事に興味をもっていて、それについて悩んでいたり、「なんとかしたい」と思っていたりしているのではないだろうか?

それならこの会はぴったりである。懇親会も含め、一度出席してみることをお薦めする。
お申し込みはこちらから
posted by 継之助 at 07:14| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ばいやー日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

手軽にCSR調達を始める方法

今日も「購買・調達革新大会」に行ってきた。そこで、アジルアソシエイツ社の野町社長から、今年度の「購買・調達に関する調査」の解説があった。(会社概要の話の後、購買ネットワーク会の宣伝もしっかりしていただいた。ありがとうございます。)調査の概要については、明日以降アジルアソシエイツ社のHPからダウンロードできるとのことなので、興味のある方はそちらを参照してもらいたい。

さて、私としては今回の調査の中では「CSR調達に関連して重要と思われる項目」という質問が一番興味深かった。大企業ではCSR、CSRとうるさい経営者が多い(失礼!)。しかし、こと調達に関しては、「CSR調達」と大風呂敷を広げたものの、実態としてはちょっと前にはやった「グリーン調達」や「コンプライアンス」の取り組みの延長線上でしかない企業が多いとのことである。

いや、別にそれだから悪いとかだらしないとか言っているのではない。その反対で、皆、人員も増やさずに良くやっているなと思うのである。大体、日常業務の他に、これだけ短期間にいろんな概念を押し付けられて全部消化できる企業は、よっぽど実力があるか、暇人が多いかのどちらかである。

次から次へと押し付けられる「新しいこと」を始めて、全部消化不良になるぐらいなら、とりあえず今やっていることをかき集めて「CSR調達を出来るところからやってます!」と宣言してしまった方が手っ取り早いと思う。嘘をついている訳でもないし。

CSRに関しては他の事例報告もあり、それについて書きたいこともいっぱいあるのだが、個別企業を批判するのが目的ではないので、このあたりでやめておく。
posted by 継之助 at 23:01| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ばいやー日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

新機軸を求める上司を撃退する方法

日本能率協会主催の「購買・調達革新大会」に参加してきた。「開発購買」や「SCM」といった、購買担当の役員が飛びつきそうなお題のプレゼンテーションがあったが、本当にそういう上役に聞かせてあげたい内容だった。ただし、日本語の理解力が充分ならばという前提条件つきだが。

プレゼンを行った先進企業の方々の話す内容には、新機軸なんて全くないと言い切っても良い。ちょっとでも購買の勉強をした人なら全ての内容が容易に理解できるものである。

それでも、いや、それだからこそ、彼らの行っていることは非常に重みがある。

先進企業と呼ばれる会社では、当たり前のことを当たり前に「やり通す」のである。これがどんなに難しいことか。

そして彼らは愚直に自ら立てた施策を「継続する」のである。耳に心地よく響く「新機軸」とやらを打ち出すよりも、それがどんなに苦難に満ちたものであるか。

ある方が、「自分たちが正しいとしていた施策をでも、環境が変化したらそれを捨て去り、全く正反対の施策をしなくてはならないことがある。それをだれが、どうやって判断するかが難しい。ただ、いったん自分たちが立てた施策については、それをやり通せば、きっとうまく行くという自信のようなものは社員に共有されている。」とおっしゃっていたのが、非常に印象に残っている。

明日から、新機軸を求める上司がいたら、「知らないんですか?購買には王道はあってもバイパスはないんですよ!」と言ってやろう。
posted by 継之助 at 23:20| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ばいやー日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

リーダーシップ

先日、私の携わっているあるプロジェクトの進捗会議に参加した。このプロジェクトは数年前から何度も企画されては、その度に立ち消えとなってしまい、今回ようやく実行に漕ぎ着けることができた、曰く付きのものである。

なぜ、そうなったのか?

それはリーダー足りうる人物がいなかったためである。プロジェクトで恩恵を受ける当事者の中に、他の部門の協力を取り付け、問題を切り分け、進捗を管理する人物が出てこなかったのである。でもそのプロジェクトが必要不可欠なことは前から誰もがわかっていた。

リーダーが「いなかった」と書いたが、これは二重の意味で不正確だ。まず、能力を持つ人物が「いなかった」という訳ではなく、その気力を持っている人間がいなかっただけだからである。もう一つは過去形ではなく、プロジェクトが始まった現在でも厳密な意味では「いない」のである。そのことはプロジェクトが始まる前に指摘し、リーダーを立てた筈なのだが、ちっとも機能していないのだ。

案の定、進捗会議は不必要なところで紛糾し、おそらくは一時間程で終了するはずが、二時間以上かかってしまった。

明確に定められたリーダーがいないと、組織は無責任なものとなり、そこここで仕事に漏れが生じてしまうのである。誰がなんと言おうと、その人物がどんなに他のメンバーから嫌われようと、組織にはリーダーが欠かせないのである。

今回のプロジェクトでは仕事を受ける立場にあるため、リーダーを引き受ける訳には行かないのだが、すくなくともファシリテーターとして機能し、リーダーとなるべき人物に自覚を促すしかない。
posted by 継之助 at 06:53| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ばいやーの懺悔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

読書会に行ってきた!

土曜日に行われた「調達・購買本緊急読書会」に行ってきた。当日は暑い中、なんと申込者全員が一人も欠けることなく、待ち合わせ場所に集合。私に言わせれば、この時点で既にこの読書会は成功したも同然である。

予感通り、読書会は楽しく、あっと言う間に時間が経過してゆく。いつものネットワーク会は五十人前後の所帯で、ぼんやりしていると周りの人とよく話をしないで欲求不満なんてこともあるが、さすがに十人前後だとそういうこともない。本を良く読み込んでいる方ばかりで、「参加者の顔が見える」面白い会合になった。

会社でもこういうのをやったら面白いのではないだろうか?黙っていると読まずに済ませてしまう本でも、半強制で読まなければならないというのも時には良い。

さて、この会に参加する為に電車に乗り、乗り換え駅で下車する時にちょっとしたハプニングがあった。

自分の目の前に立っていた人が、気を失って車内に倒れたのだ。皆さんは、こういう時にどう対処するだろうか?

私は、倒れた人が他の乗客に囲まれているのを確認し、電車のドアから一番近い駅員を確認し、大声で呼び寄せた。その後、他の乗客と協力して倒れた人を車外へ連れ出し、駅員に引き継いだ。

冷静に対処できた訳だが、実は同じ状況に会うのが、これで三度目だったからである。非常時には慣れが物を言うのである。

しかしながら、気になるのは、倒れた人を見ても何も行動しない人の多さである。見た限りでは協力したのは、私を含めて四人程である。慣れていなくても立ち止まるぐらいできるのでは?「大丈夫ですか?」と声をかけるぐらい、簡単なことではないのだろうか?
posted by 継之助 at 23:07| ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | ばいやーの図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

対話型電子見積

先日、友人が立ち上げた会社の商品説明を聞きに行ってきた。コンバインネット株式会社という会社である。

「対話型電子見積」のサービスを提供するのが、この会社の商品ということになるのだが、これが面白い。残念ながら万能という訳ではなくて、見積に参加できるサプライヤの数がある程度ないとうまく行かないとのことで、私の会社が所属する閉鎖的な業界では主原料の分野では使えないということがわかった。が、しかし、それでも別の使い道があるのではないかと考えている。

なにせ、見積の評価シナリオを幾つもつくって、その全部についてあっという間に結果を算出してしまうのである。適用できる分野でなら、バイヤーのワークスタイルを根本から変えてしまう可能性がある。

興味がある方は一度HPをご覧ください。(別にお金はもらっていません。)
posted by 継之助 at 21:46| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ばいやー日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

挑戦とモチベーション

昨日で第一回のCPPの試験日が終了し、受験した社員からの結果報告が集まり始めた。準備に充分な時間もなかったし、内容は日常業務をこなすだけで自然に身に付くものではないため、予想通り結果はあまり芳しくなかった。

いくつになっても試験に失敗するというのは、あまりうれしいことではないし、これからどうやって皆のモチベーションを維持してゆこうかな、と先回りして考えていたのだが、これは杞憂に終わった。

相当数の人から、「やれるだけのことはやったのに悔しい。次回は最高点で合格する!」とか「試験勉強自体が自分のキャリアを見直す良い機会になった。」などというポジティブな反応が返ってきたからだ。

自分の会社の後輩達だから、褒めるのはおかしいのかもしれないが、それでも私は皆の中にある「熱意」に素直に感動した。

今回の受験者はある意味会社からやれと言われた部分もあるが、どちらかというと、挑戦とかボランティアといった意味合いが強かったからだ。「出来が悪くて恥ずかしい。」などと言ってきた人もいたが、そんなこと全く気にする必要はないと思う。少なくとも私は新しいことに挑戦する人に敬意を払う。そしてかつて出来なかったことに再挑戦する人には、最大限の敬意を払う用意がある。

こちらも秋に行う予定の研修を最高に充実したものにしなければという、意欲が湧いてきた。
posted by 継之助 at 23:03| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ばいやー日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

世界一のブーデーの隣席になってみろ!(怒)

某月某日、久々の海外出張から帰還。間に二日だけあった休日以外は、殆ど移動し通しのハードスケジュールであった。まるでツール・ド・フランスの選手のようだが、選手は移動が仕事なのに対し、こちらは移動が終わった後に仕事が待っているわけである。

午前中にある国で仕事を済ませ、午後には別の国に移動して打ち合わせをするなんて、国際派ビジネスマンみたいだが、こちとら只の疲れ切った親父なわけで。顔はそれ相応に仕事をする体勢に入っているが、心はどちらかというと沈みがちで、体はそれにもましてボロボロである。

まあ、「一回で済ませますか?二回に分けますか?」という親切な駐在員の配慮を、面倒くさいからという理由で、一回で済まそうとした自分が悪いので何も言えないのだが、これだけは言いたい。

シンガポールから隣に座ったデブ、俺もデブだが、お前のは度を超えているぞ。そこまで行くと国際線エコノミークラスでは犯罪だ。しかるべき金を払って、さっさとビジネスクラスへ行け!さもないと俺がビジネスクラスへ行くぞ、この野郎!

ああ、最初からそうすりゃ良かった。

教訓:「バイヤーは堂々とビジネスクラスで出張せよ!」
posted by 継之助 at 23:23| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ばいやーの怒り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

第十一回購買ネットワーク会に参加できない!(泣)

前回に続き、今回も仕事の都合でネットワーク会に出席できないことが決定した。今回は初の試みで、一日まるまるなのであるが、残念だ。

申し込みがまだの方はお早めに!

日常の仕事とは違う刺激、いや衝撃が貴方を襲うだろうことは、間違いないだろう。

第十一回 購買ネットワーク会のお知らせ

今回は拡大版です!
内容決定!今回は初の試み「購買ゲーム」をやります!

・自己紹介と購買仲間の広がり
・スペシャルトーク
・購買ゲーム 「原材料を巡る高尚な交渉ゲーム」   
・サムライパーチェシング紹介
・交流
・感動

日時:2007年7月28日(土曜)10:00〜18:00
場所:日本能率協会会議室
(地図はこちら⇒http://www.jma.or.jp/map/tokyo_map.html)
費用:500円

参加申し込みはこちらから
posted by 継之助 at 21:26| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ばいやー日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。