2008年03月01日

トレーニング

バイヤーのスキルとは何か、なんて命題に以前は真剣に悩んでいた。これからも悩むことはあるだろうが、今の自分は、いったんこの問題にけりをつけることにした。

個人ではなく、購買組織全体を考えたときには、次に悩まなくてはならないことは、トレーニングの戦略と戦術である。こいつが思ったより難しい。

今週、このトレーニングを実際にやってみたのであるが、かなり綿密に準備をしていたつもりでも、穴がいっぱいあった。ただ、その殆どはやっている最中に自分で気づいてしまうもので、他人(主にトレーニングの参加者)から指摘されて初めて気づくものは、残念ながらあまりないのであった。いわゆる、「想定の範囲内」というやつ。

批判を恐れずに言えば、原因は参加者のレベルが低いことに尽きる。

知的レベルが低い、ということでは決してない。むしろこちらがびっくりするぐらいに知的レベルの高い参加者が多かった。ただ、トレーニングの目的となっているスキルについて、現時点でのレベルが低すぎるのである。

教育なんて何にもやってこなかったのだから、これも最初から予想できたことであるが、前途多難であることには違いない。OJT万能主義の弊害が、思った通り深刻であるということだから。組織全体の底上げ、というのは実に地道な活動なのだ。

それにしても事前に「基礎」ができていないから、一から体系を学ぶのだと言ってあったにも関わらず、「基礎はいいから、実践を教えてくれ」という人が割と多いのにはあきれた。自分の足もとというのは意外に見えないものらしい。

三割打者になりたきゃ、まずは素振りから始めようぜ兄弟。


posted by 継之助 at 22:08| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ばいやー日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
参考文献は「空手馬鹿一代」

銀幕の向こうから
型だけで威圧感を与えることができる
まさに天才 マス大山
ではなぜ彼がビール瓶割りなる
ゲスな見世物を行ったのか

「購買ゲーム」
作りましょうよ
Posted by シゲ at 2008年03月04日 01:52
でも、素振りすらままならないってことはありませんでしょうか?
実は、私もにたような状況に直面しております。
考える調達組織にしたいという思いがあるのですが、そもそも考える必要を感じない方がいかに多いことか・・・
以前、寺島さんのプレゼンで拝聴したインストラクショナルデザインをもとにワークシートを作ってやって行く必要を感じているのですが、ベースラインが定まらないんですね。結局、こういう集団はゴールが高いとブレークスルーにならずに「わからない」で終わってしまうという極地にあるのですね。
Posted by 三木谷 at 2008年03月04日 21:56
シゲさん、三木谷さん、コメントありがとうございます。
「購買ゲーム」のような「思わず本気になってしまう」プログラムの必要性を感じます。「素振り」が必要でも面白くないと続かないんですよね、確かに。

コーチとしてはトレーニングに魂をいれることを考え続けなくてはなりませんね。ああ、難しい。
Posted by 継之助 at 2008年03月05日 06:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。