2006年09月28日

「知的ストレッチ入門」

日垣 隆著「知的ストレッチ入門」読了。

昨日、Gr会社に出かけたとき、時間があったので本屋に出かけて見つけた本だが、実質三時間ほどで読んでしまった。(この人の著書は初めてのため、精読しました。)読みながら驚いていた。特に第四章について。

私が考えていたことと、全く同じことをとっくに考えている人がここにいたのだ。どうしてもっと早く、この人の本を読まなかったのだろうか?

私は気に入った人の本はまとめて読んでしまう癖があるが、次はこの人に決定!

追記:
私の実家も「本が溢れる家」でした。小説から両親の職業がらみの、児童心理学の本まで本棚から溢れて子供部屋の小さな押し入れいっぱいに本がありました。そのことは今思うとすごく恵まれたことだったのだと改めて思います。

今、我が家にも本が溢れかえっています。家をたてる時にまず本棚をつくる位置を決めたぐらい。子供が本好きになってくれたらいいな。
posted by 継之助 at 22:49| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ばいやーの図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうでもいいのですが、この御大の講演会を企画したことがあります。それはすごい話でした。ちなみに本書は発売日に買いました。
Posted by さかぐち at 2006年09月29日 00:14
さかぐち様、コメントくれると思ってました!
そう、その講演会の案内を読まなければ、私が日垣氏の本を手に取ることは絶対になかったでしょう。その意味で感謝申し上げます。
中学校の時、友人に開高健を教えてもらって依頼の衝撃でしたな。(ちょっと大げさ?)
Posted by 継之助 at 2006年09月29日 06:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24580511

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。