2006年06月14日

採用活動がようやく終了!

今年度の、いや正確にいうと来年度入社予定の学生の採用活動がようやく終わった。(正確にはまだ終わっていないらしいが、我が部門は終わり。)

はっきり言って、今年は本当につらい活動であった。

まず、いつもよりも早い時期に活動を開始したのだが、早い時期の説明会(2月と3月)に参加した学生は、今日確認してみたら全滅だった。つまり一人も確保できなかった訳である。

これは社会一般の傾向ではなく、私の会社が学生に人気がないことが主な理由である。

次に、面接で誰もが合格点をつけるような学生が、途中または内定後にことごとく辞退したことである。

これは社会一般の傾向ではなく、私の会社が学生に人気がないことが主な理由である。

そして最後にやっぱり女性の方が優秀であるが、あまり女性が受けに来てくれないことである。

これは社会一般の傾向ではなく、私の会社が女性に人気がないことが主な理由である。

社会一般の我が社に対する評価は、従業員である以上、甘んじて受けなければならないが、正直に言って、もう面接はうんざりである。来年はもう採用活動には携わりたくない。しかしながら、ぼんくら野郎に面接を担当させるとぼんくらばっかり採用する傾向があるので、手は抜けないんだよな。


posted by 継之助 at 00:06| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ばいやー日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
人材を採用するのも
広義の意味で調達ですよね。
Posted by シゲ at 2006年06月15日 00:03
そういえば採用は人材の調達ですね。あまり商品を売りたくない相手から買う、あるいは売りにこない相手を説得してなんとか売ってもらう、そんな感じでしたね。本当に需給バランスに敏感な市場です。
Posted by 継之助 at 2006年06月15日 05:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。