2009年03月26日

カーナビと嘘のあいだ

先日、久しぶりに家族旅行に出掛けた。一日遊んで、予約してあった宿に行こうと、カーナビに宿名を打ち込むと、きちんと場所を探し出してきた。

カーナビの指示通り走り、目的地についたがそこには宿がない。

改めてカーナビを確認して、辺りを探してみたが、やはりないものはない。そこは湖の畔の駐車場である。

そこで気がついた。

目の前に観光案内所があるではないか!道を尋ねるとあっさり教えていただけたが、指示された場所は今きた道を数キロ戻った所だった。

自慢だが私は地図読みにかなりの自信があるので、カーナビの購入には相当に慎重だった。何度かレンタカーについているものを出張などで使ってみて、ようやく車購入時に付けたものだ。

それなのでこういうことがあると、カーナビに左ストレートをかましたくなる。(ジャブは何度かある)

だってそうでしょう?「あ、その宿知ってます。任せてください。ちゃんと連れてゆきますから」と安請け合いして、「はい、この辺なんだけどあとはこの案内所できいてね。それじゃ」ってことだもの。相手が人間なら怒るのが当然だと思う。

因みに宿のレビューを見たら他にも何人かが、同じめにあったらしいので、ソフトに問題があることは確認出来たのだけど。

あと自分が良く知っている辺りを走る場合も、カーナビは役に立たないのがわかってきたので、ただの地図として使うケースが増えてきた。

私的には、カーナビはまだ「買い」ではない。
posted by 継之助 at 08:25| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ばいやー日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アメリカでもやっとナビが普及してきました。5年前は、マサチューセッツとかウィスコンシンとか知らない土地に降り立って、レンタカー借りて、Map QuestやYahoo Mapでプリントアウトした地図を片手に超不安なドライブをしていたので、すごい進化です。実際、その地図がまたよく間違っていて、吹雪の中、夜11時に知らない州の小さな街で、行き止まりに当たったときの何と言うか悲しい気持ちは筆舌に尽くしがたい。岩倉具視とかすごいわと思ったものです(笑)こっちのナビは日本のようなハイスペックものではなく、GPSなんで、価格も2万円切ってますが、これがあるだけで随分気持ちが楽になりました。でもぼくも日本だったら地図で事足りると思いますけどね。こちらは「日本地図」より「カリフォルニア地図」のほうがでかいので、実際私はロサンゼルス近郊の地図しか持ってません(それも分厚い)。
Posted by てつ at 2009年04月01日 04:41
てつさんコメントありがとうございます。

正直もっと廉価なやつだったら、こんなに腹立たないんですが、高価な割にあまりにアホなので。
Posted by 継之助 at 2009年04月02日 06:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。